Q&A

金融車のよくあるご質問Q&A一覧

金融車とはどのような車ですか?
金融車とは、車両をローンで購入されたお客様がそのローンの途中で車両を譲渡されたものになります。基本的には、
名義変更できないデメリットはありますが、通常価格の50%~70%の価格で購入できることが最も大きなメリットです。
また、面倒な手続きがなく、すぐに乗り出すことができるのもメリットの一つですし、各種保険にも加入出来ます。
名義変更やナンバー変更についてはどうすればいいですか?
名義変更は可能ですが、別途ローンの整理が必要となりますので、
前使用者様がローンを完済したタイミングで変更可能です。
車両によってはナンバープレートを他府県、及び希望ナンバーへ変更できます。
違法性やローン会社(所有者)から支払い請求はきませんか?
義が違う車に乗る事は違反ではありません。売買契約証や譲渡証明書を揃え販売しているので大丈夫です。
法的な問題は一切ありませんのでご安心ください。 
但し、違法駐車やスピード違反など、違反をされた場合は前使用者様へ通知が行ってしまうので、速やかに対処をお願いいたします。
支払いの請求はローンを組まれた方にしか出来ませんので、お客様などに請求が来ることはありません。
但し、強制抹消など、乗り手のリスクも伴いますので、より安心出来る業者さんでの購入をおすすめ致します。
自動車税は納付できますか?
自動車税は第三者納付ができますし、納付書も第三者が請求できます。
尚、依頼を頂きましたら当社が納付書を取り寄せお客様に転送させて頂きます。
又、納付につきましては、全国のコンビニ、銀行等で可能です。
金融車は下取りしてもらえますか?
下取りもちろん大歓迎です。
税止めや、抹消扱いの車両も買い取りできますか?
どんな車も諦めず、まずはお問い合わせください。
委託販売、出品代行とは?
通常の買い取り金額ではご不満なお客様に対し、当社では出品代行をする事も可能です。売却手数料がかかります。
どれだけの人が金融車を利用するの、またニーズはあるの?
最近では金融車を個人向けに販売している業者さんも多く、
中にはインターネットなどでも金融車を出品している業者さんも沢山います。

金融車は安いから興味があるけど買う事で、トラブルに巻き込まれる事はないのか不安を抱く方も多いですが、
しかし、近年では金融車の販売に対しては、販売に関する車以外の事で販売店側が入り込んでくる事は殆どありませんし、
通常の中古車の場合は車両価格とは別に各種税金や名義変更手数料などの諸経費が発生し、
車種によっては車両代金から20万円~30万円の諸経費が上乗せされる事もあります。

それに対し、金融車は販売価格のみで済むという手軽さからかなりのお客様が利用されております。
金融車の販売業者の多くは、リサイクル預託金相当額や、自動車税月割相当額など名義変更が不要でも発生する事が多い
税金相当分についてもコミコミ価格となっている事で、車両価格だけでなく、車を買う為の総額で見た時には、
より一層金融車の値段が一般的な中古車相場に比べて安くなるので学生さんや社会人、主婦なども利用されています。